アレコレ言わさないで!

一緒にいる時間が長くなればなるほど、

多くを語らなくても相手の言いたいことや意図を汲み取ることができます。

特に家族なんかはそうですよね。

「アレ」や「コレ」で通じます。

しかし、「アレ」「コレ」を使うことが認知症の予防や改善を大きく送らせています。

私と話している時は具体的な名詞や動詞を使いますが、

家族と話している時は「アレコレ」を使うのです。

当たり前ですが、「アレコレ」より「具体的な名詞や動詞」で話した方が改善スピードは上がります。

では私と家族の違いは何か?

続きはこちら

【動画のポイント】

認知症予防

認知症改善

家族

吹田

千里山

豊中

柴原


6回の閲覧0件のコメント