症状が進行したら薬を疑え!

当院に来られる方で20種類の

薬を飲んでいる人は珍しくありません。

薬が多くなる理由ですが

例えばドネペジル(認知症の薬)を処方される。

その結果、イライラや暴力が出現した場合

医師は薬を変更したり中止することなく次の薬を処方します。

そうです。副作用と見抜けない医師もいるのです。

だから、副作用を抑える薬を飲んで

またその副作用を抑える薬を飲んで・・・

これは「処方カスケード」と呼ばれる日本の医療の七不思議。

東京大学付属病院の調査では

処方薬が6種類を越えると

重い副作用が急増すると報告しています。

詳しくは


15回の閲覧0件のコメント