レビー小体型認知症とは?


From:高松 英嗣

前回のブログで

「ヒトラーはレビー小体型認知症かも」

というお話をしました。

その話しついて、質問がありました。

『レビー小体型認知症ってなに?』

確かに、レビー小体型認知症っていきなり出てきてもピンとこない方が多いかも。。。

なので、本日はレビー小体型認知症についてお話しします。

レビー小体型認知症とは

脳細胞にレビー小体という物質が付着し、脳機能に影響を及ぼすことです。

【症状】

・変動の激しい認知機能障害(物忘れ、遂行機能障害など

  日常生活に支障をきたす症状)

・具体的な幻視(ないものがあるように見えてしまうこと)

・パーキンソン症状(安静時の手の震え・動作緩慢・顔の表情

 が乏しいなど)

が主な症状です。

【前駆症状】

上記3つの症状が現れる前に、

・ノンレム睡眠障害など

といって寝ている時に騒いだり、寝相がめちゃくちゃ悪いということが起こります。本人は寝ているので、気づかない。

【予後】

早期に対応すればするほど良い。

ただ、薬を飲むと予後が悪い。

予後が悪いと体が動かなくなることによる介助が必要。

【治療】

ほとんどの方が薬を処方しているが、症状が改善している人を見たことない。

オススメの治療法は非薬物療法。

・脳を活性化させる治療

・整体治療

・適度な運動

・糖分を制限した食事療法

・水分をしっかり取る

ことをメインですると比較的症状は改善します。

あなた自身が、改善させたいと思っている方は

これを学んでください。

「たった1日でレビー小体型認知症の改善法を取得」

https://www.jdr-association.com/blank-15

5月24(木)まで

あなたの家族で、レビー小体型認知症と診断された方

がいれば連絡ください。

http://www.lapre-reha.com/

【ブログのポイント】

認知症予防

認知症改善

日本認知症リハビリテーション協会


45回の閲覧0件のコメント