1日2リットルは間違い!

1日の2リットル飲めば良いと聞いたことありませんか?

果たしてそれは本当でしょうか?

結論からいうと嘘です。

なぜならば、

人は一人ひとり身体の大きさが違うからです。

モデルのような細い人と相撲をしている人が

必要な水分量が同じはずありません。

正しい計算方法は体重×2.2÷2×0.03です。

体重50kgのなら、

1.65リットルが1日の適切な水分量です。

これは覚えておいてください。

捻くれた考えの人は、

「1日に1リットル以下でも、2リットル以上でも生きれますよ」

と言う人もいるでしょう。

実際、生きることはできます。

それは、人間のホメオスタシス(恒常性維持機能)が

働いているからなんです。ホメオスタシスとは、

体温を一定の状態に保ち続けようとするように、

その身体が働くことをいいます。

適切な水分量が少なくても、多くても身体は、

対応することができるのですが、それだけ負担も大きいのです。

その生活を続けていると

知らず知らずに負担をかけ続けています。


35回の閲覧0件のコメント