認知症を予防・改善したい本音は?


From:高松 英嗣

問診では、認知症の患者さんをお持ちのご家族や患者さんへ質問します。

「認知症を改善させたい、または予防したい理由は?」

ほとんどの方が

「介護に取られる時間を減らしたい、家族に迷惑かけたくない」と言います。

嘘をついている訳ではありません。

しかし、心の本音を言っている訳でもありません。

人は行動を起こしている心の本音をわかっていない人が多いです。

なので、一番初めの返答はあまり鵜呑みにしない方が良いです。

初めの返答(介護の軽減や迷惑をかけたくない)は、心の本音が解決された後についてくるものです。

私の経験をお話しすると、、、

82歳の女性Sさんは認知症予防のために自ら申し込んで、治療プログラムを行なっていました。

問診の時、どーして予防したいかと聴くと

「一緒に住んでいる息子家族に迷惑かけたくない」

でした。

それから数日して、認知症を予防したい本当の理由(心の本音)は「遠方に住んでいる娘や孫の悩みを電話で聞いてあげたい」ということがわかりました。

どーして心の本音が分かったかというと、すごく単純です。

Sさんの返答に対して、何度も「それはどーしてですか?」と尋ねたからです。

予防・改善プログラムを行なっていると、どーしても症状の改善や検査結果に目がいってしまします。

しかし、大切なことは症状が改善をして、患者さんやご家族がどーなるかです。

改善して、心の本音が解決されることで初めて、患者さんやご家族は治療を受けてよかたっと感じます。

なので、治療者は「心の本音」を聴けるようになりましょう!

※突然なんども「どーして?」と聴くと相手は怖くなるので、質問する理由を伝えてくださいね。

PS:九州限定でセミナーを開催します。

詳細はこちらから

https://www.jdr-association.com/adseminar

ご家族で、認知症の症状を改善して欲しい方や症状の原因が知りたい方はこちら。

http://www.lapre-reha.com/

【ブログのポイント】

認知症予防

認知症改善

心の本音

日本認知症リハビリテーション協会


38回の閲覧0件のコメント