普通と逆をいけ!

From:佐々木 祐也

診させてもらった患者さんに

パーキンソン症状で歩幅が小さく、うまく身体が動かない。

ぐったりしていてすぐ疲れる。

動きたくないし外にも出たくない~という方がいました。

そんな時、ご家族さんはどうしてるんですか~?

と聞いてみると、

「そっとしている、あまり無理に動かそうとしない」

という返事でした。

これ、同じように家で引きこもったり、横になって動かないような症状の時

よくやられていることですね。

でもそれだと微妙、、、余計動かない身体作りをしてしまいます。

そんな時は逆に疲れるぐらいに動かしてやりましょう、

そこに遠慮はいりません!(笑)

認知症改善において、一般的なイメージと逆のことをすることって

けっこうあります!

他にも知りたいなら、、、

これに登録して情報を確認してください!

https://line.me/R/ti/p/%40bbx0376d


72回の閲覧0件のコメント