コレステロールの本当の姿

改善のためにやめてほしい薬の一つに

コレステロールを下げる薬があります。

特に女性で飲んでいる人が多い薬です。

女性は閉経後、女性ホルモンの代表であるエストロゲンが減ってしまいます。

コレステロールがこのエストロゲンを作る役割も果たしており

エストロゲンが作られなくなると

コレステロールが余ることになり、体内のコレステロールが増えます。

なので女性は閉経後、コレステロールの値が高くなりやすい傾向にあります。

数値が高いなら下げよう、下げるなら薬だ

となり、コレステロールの薬が処方されたりするのです。

そもそもコレステロールはなぜ高いといけないのでしょうか?

これはコレステロールの値が高いと動脈硬化になり

心疾患や脳血管障害にあるリスクが上がるからです。

でも、数値が高いから動脈硬化になるわけではないんです。

本当に悪い奴が別にいます。


37回の閲覧0件のコメント