認知症と睡眠の関係性

From:岡本一馬(日本認知症リハビリテーション協会 代表)

自宅のウッドデッキより、、、

年齢を重ねてくると、睡眠の質が低下してくる傾向にあります。

アルツハイマーの原因物質と言われているアミロイドβは、睡眠中に分解除去されると言われています。

というこは、睡眠の質が低下したり、睡眠量が不足すると、アミロイドβが蓄積しやすい状態になるということです。

だから、睡眠の質や量を増やすことは、認知症予防・改善において必要不可欠だということです。

認知症予防や改善に効果があるアロマも、海馬や前頭前野の活性化を目的に使用するのですが、、、

【動画のポイント】

認知症予防

認知症改善

認知症治療

認知症と睡眠

大阪市

吹田市

千里山

豊中市

柴原町


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square