医師が対応できない睡眠薬の副作用

イギリスでは1ヶ月以上睡眠薬を出すのは禁止です。

なぜか?

依存性が高いので飲まないと寝れなくなる。

しかも、睡眠薬は全く熟睡できません。

レム睡眠・ノンレム睡眠を全くもたらしません。

睡眠薬を飲むと身体がどんな状態かと言うと

麻酔がかかった状態になります。

体の疲れも取れない。

呼吸機能も低下して酸素化も悪くなる。

ここまで説明するとわかると思いますが睡眠薬を

飲んでる人は脳が働かないので認知症の影響を非常に受けます。

だから、睡眠薬は

どうしてもの時だけにした方がいい。

でも考えて欲しいことは

医師にできなくて私たちにしかできないことがある。

それは、その人が

なんで寝れないのかに対してアプローチする。

医師は患者さんと関わる時間が私たちより圧倒的に少ない。

関わる時間が多い私たちがアプローチできます。

是非、シェアしてください。

【動画のキーワード】

認知症予防

認知症改善

認知症治療

認知症と整体

大阪市

吹田市

千里山

豊中市

柴原町


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square