歯の数と認知症

歯の働きは食べる時の咀嚼機能はもちろん

食べ物を噛むってことが脳を刺激します。

噛み合わせた時の歯根にある歯根膜から脳に刺激が入り

その刺激が脳で記憶・思考や意欲を刺激して活性化します。

東北大学の研究でも明らかになってるのですが

高齢者の歯の残存数と認知症との関係はあります。

健康な人では平均14.9本の歯が残っていたのに対して

認知症の疑いのある人では9.4本と少ない。

残ってる歯が少ないければ少ないほど

脳に与える刺激が少ないので海馬や意思や思考する

前頭葉の容積自体が小さくなることが認められてます。

【動画のキーワード】

認知症予防

認知症改善

認知症治療

認知症と整体

大阪市

吹田市

千里山

豊中市

柴原町


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square