血管性認知症の悪循環

以前までは血管性認知症が

日本人で1番多い認知症でした。

しかし、

1990年代以降にアルツハイマー型が

急速に増えたので2番目になってます。

血管性認知症は脳にある血管が

破れたり詰まることで栄養が不足して

神経細胞が死滅してしまいます。

そのことで脳の機能が働かなくなることが

徐々に進行してくるのが多いですが

一度に広範囲の脳血管障害が起きると

認知症の症状も急に増悪してきます。

だから 

脳に血流を送ることが最も重要です。

【動画のキーワード】

認知症予防

認知症改善

認知症治療

認知症と整体

大阪市

吹田市

千里山

豊中市

柴原町


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square