患者さんのために、、、

From:岡本 一馬(日本認知症リハビリテーション協会 代表)

吹田市のスタバより、、、

この前に介護関係の仕事をされている人と話していたんですね。

どんな認知症対策しているんですか?

って聞くと、手足を動かしたり、レクレーションしたり、、、

って答えられたんですよ。

それで僕が、それって意味あると思いますか?

て、聞くと、

いや、あまりないと思います。

て、言われたんですね。

いろいろな事情、あると思います。

業務が忙しいとか、上司の指示に従うしかないとか、、、

でもね、患者さんのために何ができるのか?

やっぱり、我々はそれを一番に考えないといけないと思うんですよね。

あなたはどう思いますか?

【動画のポイント】

認知症予防

認知症改善

認知症治療

認知症予防と運動

患者さんのために

大阪市

吹田市

千里山

豊中市

柴原町


特集記事