治療には変化を!

国家試験の問題で、認知症の方へのリハビリテーションは変化をつけず、対象者が慣れている順序や内容を行ことが正しいと書かれています。

しかし、現場では違います。

日本認知症リハビリテーション協会が推奨するプログラム内容はあえて、変化をつけた内容を行います。もちろん、人によっては変化をつけない方もいますが、、、。

なぜ?

理由はこちら

【動画のポイント】

認知症予防

認知症改善

日本認知症リハビリテーション協会

ルーティン

変化

吹田

千里山

豊中

柴原


特集記事