水分摂取が脳に与える影響

あなたは1日にどれくらい水を飲みますか?

正直に言えば正しく水分を

補給できていなくても人間は生きていけます。

ではなぜ、そんなに水分補給が大事と言われるのか?

身体に水分があることで身体に水分があることで、

身体の隅々までの組織(内臓・筋肉・骨・脳)にまで

栄養を行き渡らせることができるからです

実際、私たちの身体の約60%は水分でできています。

正しく水分補給しないと、肌が乾燥したり、

目が乾燥しながら、常に身体に負担をかけている状態なので、

いつか大きな代償を支払うことになるでしょう。

脳に負担がかかるとどうなるのか?

それは軽度の脱水症状になり集中力が低下します。

さらに2%以上減少すると、

脳の情報処理能力と短期記憶能力が低下します。

詳しくは

【動画のキーワード】

認知症予防

認知症改善

認知症治療

認知症と整体

大阪市

吹田市

千里山

豊中市

柴原町


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square