子どもと接すると周辺症状が改善されるのはなぜ?

December 11, 2017

From:岡本 一馬(日本認知症リハビリテーション協会 代表)

 

事務所より、、、

 

 

 

昨日はオフやったので、

学生時代の友人とm友人の家でご飯を食べたりしてました。

 

 

 

 

 

はじめて、「Wii」をやりましたね。

 

 

 

 

 

ゲームを持っていない僕は、

あーゆうやつが苦手です。

 

 

 

 

 

でも、まぁまぁ楽しめてよかったです。笑

 

 

 

 

 

友人たちとはもう10年くらいの付き合いになるんですかね。

 

 

 

 

 

10年も経つと、結婚して子どもが生まれてたりするわけで、僕は子どもが結構好きなんで、

積極的に子どもらとも、戯れて過ごしてました。

 

 

 

 

 

子どもと接したことで、脳がリフレッシュされた気がします。

 

 

 

 

 

実際、子どもと接することは、脳にとって凄くいいんですね。

 

 

 

 

 

特に認知症患者様とかには効果抜群です。

 

 

 

 

 

なぜ、効果があるのか?

 

 

 

 

実はこんな研究があって、、、

 

 

 

続きはこちら

 ↓

 

 

 

 

PS:

もし、あなたが

目の前の患者さんの認知症症状を

改善する方法を手にしたいのであれば

コチラをお申し込みください。

↓↓

http://jdr.main.jp/ninchisyourihabirilp_20171006/

 

12月18日(月)まで9,800円→0円

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

March 11, 2020

March 10, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square