久しぶりのマッサージ、ほんま最悪でした。

From:岡本 一馬(日本認知症リハビリテーション協会 代表)

自宅デスクより、、、

昨日は、いろいろと予定があって、

大阪の梅田に行ってました。

夕方くらいに予定は終わったんですけどね、

なんかめっちゃ眠たいなーってなって、

そうや、マッサージに行って寝よ!

ってなったわけです。

で、大阪駅ビルにあるちょっと怪しめな、

マッサージ屋に行って、

多分日本人?のおじさんが担当してくれました。

僕は寝たかったんですけど、

その人が結構しゃべってくる人で、

全然寝れなくてですね、

よし、この際、しゃべっておこうと思って、

色々質問したりしてました。

肩の”コリ”ってなんなんですか?

って僕が聞くと、

コリはコリですね。スジみたいなものです。

って答えてくるんですね。

うわっ!

おれ、めっちゃやばい人に体さわられてるやん!

って、思いながら、

でもそれは違うやろ!って否定すれば

プロってバレるんで、そこは黙っておきました。

でもね、僕はこういう仕事やから、

それは違うって分かりますけど、

一般の人なら、

それを信じ込んでしまう可能性ってあるわけですよね。

そして、

これは肩こりとかだけで言えることではなくて、

認知症でも同じことが言えるわけです。

あなたが適当な知識で適当なことを伝えれば、

伝えられた人は、それを信じ込んでしまうってことなんですね。

あなたが医療・介護関係者であるならば、

尚更、あなたの発言は重要になってくるわけです、、、

続きはこちら

 ↓

PS:

1から認知症予防・改善について学び直しませんか?

これからの日本において、必ず必要になるスキルです。

↓↓

http://jdr.main.jp/ninchisyourihabirilp_20171006/


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square