孤独は認知症を引き寄せる

箕浦です!

本日は

「孤独と認知症の関係性」について。

孤独を感じると認知症のリスクが上がると言われており、

50歳未満で伴侶を失くした人は、それ以上の期間を伴侶と過ごした人に比べ、

6倍認知症のリスクが上がるという研究もされているほど。

そして、孤独で連想される病気として「うつ病」がありますが、

うつ病が改善した後、認知症のリスクが上がります。

鍵になるのは「海馬」

うつ病も海馬が萎縮するのです、、、

続きは動画で!


特集記事