体幹回旋制限をたった1分で改善させる方法


From:岡本 一馬(日本認知症リハビリテーション協会 代表)

認知症専門施設LAPRE千里山院より、、、

レビー小体型認知症の特徴として、パーキンソン症状があります。

この症状を改善させるためのアプローチもレビー小体型認知症患者には必要不可欠です。

パーキンソン症状は体幹回旋の可動域が狭くなります。

今回は体幹回旋の可動域を拡げるテクニックを紹介します。

体幹回旋にはもちろん全身の筋肉の働きが必要ですが、特に大事なの部分の一つが、、、

脊柱起立筋です。

ということで、、、

体の根幹の部分である脊柱起立筋へアプローチします。

重要なことは背中を直接揉みほぐしても何も変わりません。

体を柔らかくする方法は内臓治療など色々ありますが、今回は1番簡単な筋肉の繋がりを利用した整体治療を紹介します。

実際に動画で体幹回旋動作が拡がっています。

PS:

新セミナーでは

脊柱起立筋以外にも下肢や首などの他の筋肉に対しての

アプローチ方法をお伝えします。

レビー小体型認知症の動作緩慢を

改善させたいあなたはこちらへ

http://www.lapre-reha.com/blank-22

※締め切りは2月12日(月)まで


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square