レビー小体型認知症 うつ症状の治し方

レビー小体型認知症の患者さんでく発症するのは、、、

【うつ症状】です。

うつ症状がでやすい方は、、、

真面目で、内向的だった人が多いようです。

しかし、社交的で、楽観的な人もうつになります。

非薬物療法では、レビー小体型認知症のうつ患者さんの脳や体がどのような状態になっているのかを知り、アウローチしなければいけません。

よくうつは心の病気って言われますが、嘘です。

精神疾患において心の病気はありません。

心と言って胸を抑える人がいますが、心臓は血液を体へ送っているだけです。

うつをはじめとする精神疾患は【脳の病気です】

そこを抑えてくださいね。

というわけで、、、

認知症でうつ症状がある患者さんは

アセチルコリンやドーパミン、セロトニンが足りていない状態です。

そのため、これらを増やす必要があります。

その中でも、アセチルコリンを増やすことが大切です。

じゃあ、アセチルコリンを増やすには?

【動画のポイント】

認知症予防

認知症改善

日本認知症リハビリテーション協会

レビー小体型認知症


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square