疾患に惑わされるな!

From:岡本 一馬(日本認知症リハビリテーション協会 代表)

事務所より、、、

今日はですね、疾患に惑わされるな!

って話です。

うちの院に来られる方っていうのは、

病院などに1、2箇所、多い人なら5箇所くらい行ってから

来られる人が多いんですね。

なので、診断名を付けられている方が多いわけです。

ほとんどが、アルツハイマーやレビー小体ですね。

で、ここからが重要なわけなんですけど、

認知症を改善させられない人っていうのは、

どうしても疾患にとらわれてしまいます。

あの人は、アルツハイマーだからこーだ!

とか、

あの人は、レビー小体だかららこーだ!

みたいな感じで。

でもですね、こーいう考え方をしていると、

改善させることは難しいわけなんですね。

あなたは、惑わされていませんか?

続きはこちら

 ↓


特集記事