海馬は記憶の全てじゃありません

記憶といえば?

テレビでよくやってる海馬が有名かと思います。

確かに、海馬は記憶を司っている大事な部分です。

でも、記憶の全てを管理しているわけではありません。

記憶情報の流れは大きく分けて3つ

①記銘

②保持

③想起

海馬はこれらのうち記銘と保持に関係します。

特に記銘、インプットの部分の関係は深いです。

インプットした情報を記憶しておくものと

いらないものに振り分けていくんですが、

記憶しておくものに振り分けられた情報は別の部分にいきます。

それはどこか、続きは動画で


特集記事