top of page

海馬の鍛え方。ものを覚えるだけじゃない。


こんにちわ。

プロ野球も盛り上がってきましたね。

パ・リーグはなんやかんやソフトバンクなんでしょーね。

セ・リーグはどこが優勝するんでしょーか?

さて、、、

今回は、海馬の鍛え方についてです。

海馬の機能低下による症状は

「記憶障害」ですね。

特に即時記憶と言って、記憶したことをすぐ再生する機能ですね。

そんな、海馬の障害がある場合はどんな治療をしますか?

正解は色んなこと、、、

海馬は外界から得た全ての情報(五感を含む)を一旦取り入れ、

「いる」or「いらない」

の判別をして、「いる」情報のみを記憶します。

なので、五感を通じて様々な情報を取り入れた方が良いのです。

と思っていましたが、、、

どうもそれだけじゃ不十分なようです。

理由は、、、

海馬は海馬内部の回路(情報をコード化し、そのコードを通す回路)を刺激させるには、海馬内からの発火(スイッチを入れる)が必要なんです。

外界からの情報を受けとり、判別しても、判別した情報を回路へ通さないといけないのですが、海馬の機能低下は回路の形成ができないことです。

なので、海馬内からの発火(スイッチを入れる)を促すこともしないといけないのです。

じゃあ、海馬内で発火(スイッチを入れる)させるには何をすればいいの?

それが、、、

迷路です。

詳しいことは、長くなるので、

ベーシックでお話しします。

まあ、簡単にいうと、迷路をすると海馬内の細胞が発火し(スイッチが入り)、海馬内の回路ができやすくなるということです。

ご家族の物忘れが気になり、このままでは悪化するんじゃないかと心配するあなたへ

【ブログのポイント】

認知症予防

認知症改善

日本認知症リハビリテーション協会


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page