【家族、スタッフの心得】拒否されることが当たり前

From:岡本 一馬(日本認知症リハビリテーション協会 代表)

認知症専門施設LAPRE千里山院より、、、

益々、うちの院への問い合わせは増えています。

しかし、ご家族様から問い合わせがあり、

実際に来院される方の人数は半数くらいなんですね。

なぜ、半数になるのかというと、

本人が行くことを拒否されるからです。

なので、本人が行きたがらないので、

今回はやめておきます。

って言われる方が多いのですが、

押さえてもらいたりことは、

基本的に拒否されることの方が多いってことなんですね。

だから、拒否されるからやめておこう、、。

じゃ、ダメなんです。

そんなことしてるうちに、ドンドン症状は悪化します。

なぜ、本人は拒否をするのか?

これは病気の特徴から考えると、

当たり前のことなんです。

続きはこちら

 ↓


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square