「ガムを噛むと認知症が改善する」を考えてみた。


From:高松 英嗣

こんにちわ。

ガム噛めば認知症改善はホントなの?

先日、PCでこんな広告を見ました。

白い歯を出して、寄り添いながら笑っている80代くらいの夫婦の写真の横に【ガムを噛んで認知症!】

という広告です。

今回は、ガムを噛めば認知症予防・改善に効果がるか否かを脳の機能と結びつけて、お話しして行きます。

結論から言うと、効果はあります。

しかし、付け加える点が2つ。

1つ目:

別にガムじゃなくて良い。

2つ目:

長続きはしない。

そもそも、どーしてガガムを噛むと認知症予防・改善効果があるかと言うと。

ガムを噛むと脳の連合野とが刺激されます。

脳が覚醒し、海馬や前頭前野にも刺激が入り細胞が活性します。

すると、意識がはっきりし、記憶力が向上することで、

物忘れの軽減や家事への意欲向上、テキパキ動く、外出頻度が増えるなどして、認知症の症状が改善するのです。

つまり、網様体と連合野を刺激させれば良いのです。

そのため、【1つ目の別にガムじゃなくて良い】とはそのためです。

また【2つ目の長続きはしない】という点です。

脳は順化(慣れ、飽き性)という性質があります。

そのため、同じ味で同じ行為をしていると徐々に飽きてしまい、刺激は減ります。

すると、効果は減ります。

結論へ戻ると、

ガムは認知症の改善効果が期待できますが、持続性は低いので、時々行うのは良いことです。

ガムを噛むより、食事で一口をいつもより5回づつ多く噛むといったことでも十分やと思います。

また、この2つの点を補うのは

【卓上療法】です。

卓上療法は本人に合わせるので、飽きが来ないように調整ができるからです。

実際、卓上療法を実施して、96.7%の認知症の方が改善しています。

もし、目の前に

何度も同じことを聴いてきて、あなたの作業を止めてしまう人がいれば、、、

卓上療法を受けることで、認知症状が改善し、何度も同じことを聞いて来なくなります。

するとあなたは、時間を短縮して今の作業や仕事を行うことができます。

そう思う方はこちらへ

http://www.lapre-reha.com/

【ブログのポイント】

認知症予防

認知症改善

日本認知症リハビリテーション協会


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square