小麦粉はモルヒネ

中毒と聞けばアルコール中毒や

ニコチン依存症などが思い浮かぶかも知れませんが、

僕たちが普段食べている小麦粉には

強い中毒性があったんです。

この中毒症状は自覚しにくいのが特徴です。

日本では、アルコールを飲んだ後に締めの

ラーメンが食べたくなるように、世界でも同様に

イタリアではパスタ、メキシコではタコス、アメリカでは

ピザなどを締めとして食べられています。

僕自身は、普段からアルコールを

飲まないようにしたので、締めのラーメンを

食べることはありませんが、パンを食べてしまいます。

パンは先ほど言ったグルテンを

非常に多く含んでいる食べ物です。

グルテンはアミノ酸配列が

モルヒネと似てるので中毒性があります。

グルテンが体内から完全に抜けるまで

約3ヶ月は必要なので、

美味しいはずのパンも意外と怖い食べ物だったんですね。


特集記事