認知症初期に料理の味が変わる理由

From:岡本 一馬(日本認知症リハビリテーション協会 代表)

認知症専門LAPRE千里山院より、、、

つい先日質問を頂きました。

なので、今日はそれに対する回答と解説をしていこうと思います。

質問内容としては、

料理は手続き記憶であり

長期記憶に分類されるはずですが、

なぜ初期の段階で出来なくなってくるのですか?

というものでした。

確かに認知症の方は、

短期記憶から障害される傾向が強く、

長期記憶は中長期まで残りますよね。

だからそう考えると、

料理の味なんかは変わらなさそうですよね。

でも、実際は初期の段階で

味の変化が起こったりはします。

これはなぜなのか?

実は、

脳のある部位に変化が起こるからなんですね。

続きはこちら

 ↓


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square