ストレスについて


From:高松 英嗣

こんにちわ。

あなたはこの言葉を知っていますか?

『ストレス』

一度は聴いたことあるでしょう。

また、あなた自身お持ちじゃないでしょうか?

おそらく、ストレスを抱えたことない人はいないと思います。

病気の原因でも『ストレス』が上がってくることが多いです。

認知症の原因も『ストレス』はあります。

私の印象ですが、医者はわからないことがあれば、なんでもかんでもストレスを原因にしていませんか?

認知症の患者を診て

「これはストレスも関係します」

原因不明の頭痛の患者を診て

「ストレス溜まってませんか?」

お腹の痛みの患者を診て

「強いストレスがかかっていると思います」

要は、よくわからないから『ストレス』を使ってるんじゃないの?

そう疑ってしまいます。

しかし、ストレスが原因になることも事実です。

じゃあ、『ストレス』ってなに?

ストレスの意味がわかると、病気に対しての理解も深まります。

『ストレス』とは、

「外部からの圧力を受けて、変形すること」を言います。

もう少し詳しく説明すると、

恒常性によって一定に保たれている生体のバランスが崩れた状態。

恒常性…体温、呼吸数、脈拍、ホルモンバランスなど、ある程度一定のもの。

生体のバランスが崩れた状態とは…体温、呼吸数、脈拍、ホルモンバランスが乱れ、身体的な影響がでること。

ストレスの具体例を挙げると

体温が上がることで汗をかき、皮膚が赤くなること。

認知症の場合、

恒常性となるのがホルモンバランスです。

ホルモンバランスが崩れることで、海馬や扁桃体を中心とした脳が過度な圧力を受け、細胞を壊したり、電気を走らなくなったりします。

結果として、物忘れなど脳機能低下の症状が現れます。

大切なことは、ストレスを知って、日常生活に隠れているストレスの原因を見つけましょう!

原因を少しづつ減らしていくことで、症状は改善に向かっていきます。

あなた自身が、改善させたいと思っている方はこちら

https://www.jdr-association.com/blank-3

改善してほしい人がいる方はこちら

http://www.lapre-reha.com/

【ブログのポイント】

認知症予防

認知症改善

日本認知症リハビリテーション協会


特集記事