大虐殺を招いた認知症


From:高松 英嗣

【ナチスドイツ】

【ホロコースト】

【ファシズム】

この3つの言葉を耳にすれば、あの人物を思い出すのではないでしょうか?

アドルフ・ヒトラー

ユダヤ人を大量虐殺したナチスドイツの総統です。

ヒトラーは毛沢東、スターリンに次いで

歴史上3番目に虐殺した数が多い人物です。

そのヒトラーに関して実はある推測があります。

それは、、、

『ヒトラーはレビー小体型認知症だったのかも』

私は歴史が好きなので、第二次世界大戦についても本を読んだりしていまいた。

確かに、そう言われれば。。。

なので、もう一度ヒトラーの言動について振り返りました。

すると第二次戦争前から

「夜中に目が覚めて、怒り出す」

ことがあったようです。

その内容は具体的で、

「ユダヤ人がゲルマン民族の誇りと勇気を奪うものだ」

といった内容でした。

レビー小体型認知症には

「ノンレム睡眠障害」という

寝ている時に大声を出したり、手足をバタつかせたりする症状を認めます。

さらに、終戦前のヒトラーは

「安静時の手の震え」

「幻視」

「妄想」

があったそうです。

・ナチスの将校に勲章を渡す時手が震えている

・ヒトラーが隠れいる防空壕周囲にスターリン(ソ連の総書記)とチャーチル(イギリス首相)が会談をしている姿が見る

・フランスの沿岸に10万人のナチスの歩兵が待機しているから勝てるといった妄想

という内容です。

レビー小体型認知症の症状と一致します。

これらのことを考えると、

ヒトラーはレビー小体型認知症だったのかもしれません。

(戦争に負けそうで、頭が混乱していただけかもしれませんが、、、)

歴史に「タラレバ」は禁止ですが、

ヒトラーが第二次世界大戦前に適切な認知症の治療(当時は精神治療)を受けていれば

あの残虐なホロコーストは行われず、今とは違う世界秩序ができていたかもしれません。

※あくまで、ヒトラーがレビー小体型認知症だったかもというのは

私の個人的な考えです。また、レビー小体型認知症の方が反社会的な行動をとることは殆どありません。

<