パーキンソン症候群にドーパミン?

「なぜドーパミンを増やすのに、L-ドーパの薬を飲むの?」

患者さんの家族から質問されました。

その方はレビー小体型認知症で、

パーキンソン症候群が出現していました。

パーキンソン症候群は、

ドーパミンが減少することによって起きる症状です。

でも、薬ではドーパミンではなく

L-ドーパを使うのは不思議ですよね?

それを理解するには、

血液脳関門を知る必要があります。

非薬物療法により、

レビー小体型認知症のあらゆる症状を改善させる方法

https://www.jdr-association.com/blank-15


特集記事