徘徊の真実

怖いことに免許の更新センターで殺人事件の

情報提供を、求める張り紙がたくさん貼ってありました。

一家殺人事件の犯人の情報提供で、

報奨金2000万円(上限)などすごく怖い事件が、

何枚も張り出されてる。ビックリしたのは合間、

合間に「この人探してます!」って写真付きで、

おじいちゃん72歳、1月25日に天王寺駅に行ったまま、

帰って来ないと。

横の張り紙は、おばあちゃん82歳、

2月3日にスーパーに行ったまま、帰って来ないと。

それぞれ名前・身長や身なりを載せて、

家族さんが情報提供を求めている見たい。

何人も張り紙がしてある。

その家族さんには申し訳ないが、もう命はありません。

なぜなら、行方不明になって、

当日発見されたら生存率82.5%、

翌日発見で生存率63.8%、

3~4日発見で生存率21.4%、

5日目以降の発見は生存率0%と統計的な数字で出てるのです。

これは、2013年度中に行方不明者届が出された

認知症が疑われる1万322人のうち

776人(死亡した388人を含む)の家族に調査票を郵送したものです。

返ってきた中の全項目が記載されていた204人分を分析したデータです。

ただ、免許の更新に

行っただけなのに心が痛む張り紙を見た日でした。


特集記事