拒否がある人には、ここに触れてみて!

箕浦です!

日曜は九州にセミナーアシスタントで出張なのですが、

また新しい土地での出会いがとても楽しみです♪

さて、今日は

以前話していた拒否のある患者様に対しての

対応方法の続きについてお話していきます。

「見る・触れる・話す」の重要な要素のうち、前々回の動画では

「見る」についてお話しました。

今日は「触れる」について。

子猫って、生まれたら

親猫がずーっと舐めているんですが、

それがないと死んじゃうんです。

それくらい、動物にとって触れるということは

生きていく上で必要なこと。

「私はあなたを認めてますよ」ってことなんです。

でも、その触れ方や場所は

どこでもいいってわけじゃありません。

どこに触れてあげたら人は安心し、

抵抗は無くなるのでしょうか?


特集記事