アルコールでボケる理由

アルコールを飲んだらなぜ、頭が働かないのですか?

質問を受けたのでその答えを今日は共有します。

いつも8分で終わる問題が

10分かかっていたので家族さんに伺いました。

「昨日、お酒飲みました?」

やっぱり、飲んでおられました。

アルコールを飲んだ脳が

機能低下する3つを紹介します。

・前頭葉

・小脳

・海馬

以上の3つです。

お酒に酔っているときに、正常な判断ができないのは、前頭葉です。

前頭葉の前頭前野で状況判断するなど意思決定や思考を司っています。

また、酔っているときに、差し出された

コップの水に対して距離感が合わないのは小脳が影響しています。

さっき言ったことを覚えていないのは海馬ですよね。

アルコールが体外へ排出されるまで、

前頭葉、小脳、海馬が麻痺状態に陥るので

症状として現れてきます。

そんなことを言うと、

酔っていても家に帰れる人がいるのはなぜ?

それは、短期記憶ではなく長期記憶だからです。

海馬は主に短期記憶の形成をしています。

しかし、何度も自宅までの道のりを通っているので

長期記憶で帰っているのです。


特集記事