20年後の子供たちへできること。

From:高松 英嗣

出生率が上がらないなら、認知症になる人を減らすことが

20年後の子供たちにできる助けです。

【1.43人】

この数字は2017年の出生率です。

夫婦間で子供の生まれる数が、1.43人ってことです。

少ないですね。。。

5年後に2.0人以上を目指そうといってもおそらく無理です。

理由はいろいろありますが、無理でしょう。

じゃあ、少子高齢化問題はどうしよう?

日本の場合、少子高齢化になると医療費と年金が足らねぇってことが問題です。

根本の改善は出生率を増やすことですが、急には無理です。

そしたら、下の世代(子供)が足らねえなら上の世代(60代以上)に頑張ってもらおう!

そんなことを言うと

「これ以上働きなくない!」と思う人が多いです。

ニュースでも【1億総活躍】の話題になると上記のような意見が多いです。

一方で「働いたい!」という方も少数派ですがいます。

少数といっても分母が多いので、数は多いと思います。

働くには健康な肉体が必要ですし、健康な脳も必要不可欠です。

認知症の前屈症状でやる気がなくなったり、意欲低下して認知症へと進んでいく人が多いです。

もし、やる気や意欲低下の段階で適切な処置をしていたら、その人は働き、税金を納め国家の貴重な財産の一つになっていたでしょう!

そんな人が860万人いたらどーなるでしょう?