本当に怖い高血圧の基準

以前、1988年に

高血圧の基準は160mmHg以上が高血圧でした。

しかし、2000年

高血圧の基準が変えられました。

140mmHg以上が高血圧と言われてます。

特に大きな根拠はありません。

50歳超えた方の血圧が150以上あっても

特に高過ぎることはありません。

むしろ普通で一般的です。

ただ、その人に問題がなくても140を

超えると血圧を下げる薬を投与してるのが

今の医療です。

異常なのは血圧を下げる薬の売上の伸びかたです。

1988年には年間売上2000億円でした。

変更後の2008年では

年間売上が1兆円を超えてます。

認知症に対して、降圧剤を入れ過ぎると

脳の血流量が低下し、脳細胞に栄養が行き渡らない。

そのことで、

脳細胞が活性化しない状態になります。

この降圧剤を減らすだけで

認知症症状が改善することが

本当によくあります。

あなたが知識をつけることが

あなたと接する患者さんを

改善させるきっかけになります。


特集記事