無駄な薬が脳を蝕む


From:高松 英嗣

平成27年の医療費が発表されましたね。

42兆3644億円

国家予算の約半分。。。

うな重何杯食えるかな?by名探偵コナンの元太

65歳未満の一人当たりが18万4900円なのに対し、75歳以上は92万9000円と約5倍でした。

まあ、高齢者に医療費が掛るのは致し方ないのかもしれません。

ただ、「調剤医療費」が前年度と比べ、伸び率が異常に高いことが深刻な問題なんです。

伸び率は2.3%と診療費の1.6%より高くなっています。

因みに27年度の調剤医療費は6.985億円

調剤医療費とは病院を受診した後に薬局で薬をもらった時、あなたが支払うお金のことです。

要は、自宅で飲む薬代です。

調剤医療費が伸びている問題点は金額以外にも、認知症になるリスクを上げているからです。

調剤医療費が伸びているってことは、薬を飲み人が増えているまたは、一人当たり薬を飲む量が増えているってことです。

薬は肝臓に負担が掛かり、肝機能を低下させます。

肝機能が低下すると解毒がうまくいかず、血流も悪くなるので、認知症発症・悪化のリスクを押し上げます。

飲んでいる薬が結核などの病気を治す場合は仕方ありませんが、副作用止めや胃薬、ビタミン剤はいらないです。

むしろ、胃薬などの無駄な付属品の長期服用で認知症発症・悪化リスクが高くなります。

調剤医療費は私たちの税金を蝕むし、認知症の発症・悪化になるし、医薬品業界に関係ない人にとって良いことは何もありません。

私たちができることとして、胃薬やビタミン剤などの無駄な薬は勇気を持って断りましょう。

認知症を予防・改善する知識や技術を学び、予防・改善させたい方はこちら

https://www.jdr-association.com/blank-3

認知症になった家族を治して欲しいという方はこちら

http://www.lapre-reha.com/

【ブログのポイント】

認知症予防

認知症改善

日本認知症リハビリテーション協会