評価とは?

評価って何なのか

検査をして、評価するという流れです。

脳のどこの領域に問題があるのか?

どこが機能低下してるのか?

それによってアプローチ方法が違います。

まず、脳全体の検査をして、

前頭葉、後頭葉、側頭葉、頭頂葉などで

前頭葉が機能低下してる場合。

前頭葉の詳しい検査をしていく。

そこで出て来た問題点に対してアプローチして行く。

そんな流れです。

前頭葉の機能低下がある方に対して、

頭頂葉を活性化させるアプローチをしても意味がない。

だから、検査をして、どこの領域が

問題点としてあげられるのか考えて

優先順位を考えて、治療を進めています。

評価は再現性を高めるためにも重要です。

右肩が痛いのに左肩を意識しても患者さんは困ります。

そんな間違いをしないために

評価を実施して、正しい治療を選択してください。


特集記事