マー君から学ぶ身体づくり

From:高松 英嗣(日本認知症リハビリテーション協会)

海が見えるスタバより

タレントの里田まいさん

タレントの平愛梨さん

元女子プロレスラーの北斗晶さん

彼女たちの共通点は何でしょう?

正解は、、、

アスリートのお嫁さんです。

そして、もう一つ共通していることがあります。

それは、、、

「料理がめちゃくちゃ上手」

彼女たちの旦那(マー君、長友、佐々木健介)は奥様の作る食事を食べていることで、競技は違えど、一流のアスリートとして活躍しています。

(健介さんは一昨年、引退しましたが…)

彼らは食事によって活躍できる身体を作ったんです。

マー君ならナイスピッチングをする身体。

長友さんなら90分間全力で走り続ける身体。

佐々木健介さんなら長州力を投げ飛ばす身体。

つまり、食事は身体を作る基礎になているんですよ。

この原則(食事=身体を作る基礎)はスポーツ選手以外にも当てはまります。

私の専門分野である認知症も例外ではないです。

認知症の人は食事を通じて、認知症になりやすい身体を作っているんですよ。

認知症になりやすい身体とは

【細胞や血管が傷ついて、ちょっとの刺激やダメージで細胞の活性が衰え、炎症を起こしてしまう身体】です

炎症を起こし、細胞の活性が衰えれば、考えたり、物を記憶したり、計画を立てたりすることは難しくなります。

そんな状態が1年も続けば、、、

「あれどーしたっけ?」

「あれどこに置いたっけ?」

が口癖になり、認知症になっちゃうんですよ。

認知症になってしまう原因の多くは食事にあります。

逆に、認知症にならないための身体を目指し、食事を見直せば良いんです!

食事を正すと細胞と血管が修復していき、ちょっとした刺激やダメージにもビクともしない細胞になり、認知症になりにくい身体になっています

認知症になりにくい身体作るための食事は、一人ひとり異なります。

なので、どんな食事をすれば良いか分からない人は聞いてください。

http://www.lapre-reha.com/

【ブログのポイント】

認知症予防

認知症改善

日本認知症リハビリテーション協会


特集記事