こう考えれば拒否がある人への接し方も変わる!

From:箕浦 真希(日本認知症リハビリテーション協会)

今日、スタバに向かう途中、歩行者用道路の真ん中に財布が落ちていました。

その財布の横にはクリーニング屋さんがあり、その前には如何にもイカついおじさまが

会計をしている途中。

おそらく、その人が落としたんでしょうけれど、

店員さんとの会話を聞いていても、言葉も荒く、普通に話しかけるもの怖いくらい。

そんなとき、あなたならその財布をどうしますか?

①気づかないふりをして足早に去る

②拾って、そのままそっと近くの交番に届ける

③拾って、恐る恐る話しかけてみる

これ、私の今日の朝の出来事なんですが、

結局この1つを選んだおかげで、午前中とても良い仕事ができました。

この考え方をすると

認知症で拒否がある人への接し方も変わるかもしれませんね(^○^)


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square