こう考えれば拒否がある人への接し方も変わる!

October 6, 2018

From:箕浦 真希(日本認知症リハビリテーション協会)

 

今日、スタバに向かう途中、歩行者用道路の真ん中に財布が落ちていました。

 

その財布の横にはクリーニング屋さんがあり、その前には如何にもイカついおじさまが

会計をしている途中。

 

おそらく、その人が落としたんでしょうけれど、

店員さんとの会話を聞いていても、言葉も荒く、普通に話しかけるもの怖いくらい。

 

そんなとき、あなたならその財布をどうしますか?

 

①気づかないふりをして足早に去る

②拾って、そのままそっと近くの交番に届ける

③拾って、恐る恐る話しかけてみる

 

 

これ、私の今日の朝の出来事なんですが、

結局この1つを選んだおかげで、午前中とても良い仕事ができました。

 

 

この考え方をすると

認知症で拒否がある人への接し方も変わるかもしれませんね(^○^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

March 11, 2020

March 10, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square