僕は本気!あなたは?

October 14, 2018

 

 

 

From:岡本 一馬

 

自宅のデスクより、、、

 

 

 

認知症で苦しむ人を0に!

 

 

 

 

僕はこれを本気でやりたいと思ってる。

 

 

 

 

28歳のクソガキが何を

言ってるんだ!

 

 

 

そう思う人もいると思う。

 

 

 

確かに、僕はまだまだ若いし、

世間一般で言われる

「常識」みたいなものはないかもしれない。

 

 

 

どうやってやるの?

 

 

 

みたいなことを言われると、

 

 

 

こうやってやります!

 

 

 

みたいな明確な具体案もない。

 

 

 

自分でもなぜこんなに

本気なのかわからないけど、

 

 

 

これを本気で

やりたいと思っているわけで。

 

 

 

人前に出るのが嫌いで、

全く社交的ではない僕が、

 

 

 

何でこんなに

毎日YouTube撮ってんだろ?

 

 

 

 

 

って、不思議に思うこともある。

 

 

 

こんだけ露出すると、

批判されたり、否定されたりする。

 

 

 

そら僕だって人間だから、

嫌な気持ちにもなる。

 

 

 

一瞬、あーもうやめようかな?

って、

そっと逃げ出したくなる時もあるけど、

 

 

 

 

次の瞬間なぜだか、

 

 

 

 

もっと頑張ろう!!!

 

 

 

 

って気持ちがめっちゃ強くなる。

 

 

 

 

批判や否定ばっかして、

結局自分の力では

何の行動も起こさない、

 

 

 

 

”クソ野郎”の言うことなんて、

聞いても仕方ないよ!

 

 

 

 

そう心の声が聞こえてくる。

 

 

 

 

僕はね、

認知症で苦しむ人を0にしたい!

 

 

 

 

何回も言うけど。

 

 

 

 

やっぱね、

僕も経験あるけど、

認知症になるとね、

周りも本人も辛いんよね。

 

 

 

 

人に迷惑かけてさ、

何もかも分からなくなってさ、

大切な思い出も失ってさ、

大切な人に嫌な思いをさせて死んでいく。

 

 

 

 

そんな人生の終わり方は、

絶対よくないって。

 

 

 

 

これを読んでいる

あなたが認知症改善について学んで、

 

 

 

 

それを目の前にいる人に実践し、

救っていく。

 

 

 

認知症で苦しむ人を0にするためには、

それしか今のところ方法がないんよね。

 

 

 

僕一人じゃ救える人、

限られているから。

 

 

 

 

もしね、改善について

学びたいなら僕らから学んでよ!

 

 

 

 

心を込めて商品作ってるから。

 

 

 

 

僕の先生が言ってた。

 

 

 

 

想いは1秒で地球を1周するって。

 

 

 

だから、そう言う

強い想いの輪が広がれば、

 

 

 

認知症で苦しむ人は確実に減っていく。

 

 

 

そして0になる。

 

 

 

僕はボランティアでは、

このミッションを達成出来ないと思ってる。

 

 

 

ボランティアするにも

結局お金が必要だしね

 

 

 

セミナーするのも、

商品を作るのもタダじゃ出来ないから。

 

 

 

だから、僕らの知識も

仕事として販売している。

 

 

 

そうじゃないと、

続けていけないから。

 

 

 

今はJDR大学って

新商品を売ってる。

 

 

 

症状別についての

改善法をまとめた商品。

 

 

 

使ってみないと良さも

分からないだろうから、

 

 

 

初月980円で試せるようにしてある。

 

 

 

あらゆる認知症症状で困ってるなら、

試してみて。

 

 

 

使ってみて微妙なら教えて。

 

 

 

改良するから。

JDR大学の詳細はこちら

 

 

 

 

PS.

締め切りは明日(15日)までだから

今すぐ確認してね。

詳細を確認する

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

March 11, 2020

March 10, 2020

Please reload

アーカイブ