緑内障の人はどーして認知症になりやすいのか?

From:高松 英嗣(日本認知症リハビリテーション協会)

治療院より

緑内障って知っていますか?

眼の病気です。

眼圧(眼の球状を保つための液の圧)が高くなり、視神経や血管が圧迫されて視野狭窄や目の疲れを症状とします。

これが、認知症状の発生・悪化と大きく関係します。

だって、眼と脳はあるもので繋がっているからです。

続きはこちら

PS.

ご家族が認知症でお悩みの方は、こちらのLINE@に登録してください。

ご家族向けの役立つ情報を配信しています。

https://line.me/R/ti/p/%40lhq1353n

【本文】

緑内障の方は認知症状を発生しやすいんですよ。

緑内障とは房水が排出されなくなり、眼圧が高くなって視神経や血管を圧迫する病気です。

そうなると視野狭窄や脳の圧迫感を認めます。

眼は脳脊髄液に浮かんでいる状態です。

眼圧が高くなると、脳脊髄液も圧迫されます。

脳脊髄液が圧迫されると頭蓋内の循環が悪くなり、脳の疲労感や圧迫感を認めるのです。

そうなると、脳機能そのものが働かなくなるのはもちろん、視野が狭く、脳や目の疲労感が続くと意欲や集中力も阻害されますよね?

結果として、料理や買い物、家事をしなくなったという事が起こり、最終的に認知症と診断されてしまうことも少なくなりません。

でわ、どーするかというと、、、

緑内障を治してください。

緑内障の治療をすると、視神経の回復は難しい場合もありますが、脳の圧迫は頭蓋治療と並行して行うと劇的に改善します。※劇的には改善は頭蓋治療が必須です。

なので、緑内障がある方には

緑内障の治療のススメと頭蓋治療を実施してください。

【ブログのポイント】

認知症予防

認知症改善

緑内障

日本認知症リハビリテーション協会


特集記事