噛むことで認知症改善!~鹿の教えと唾液の力~

from:若狹一弘(日本認知症リハビリテーション協会)

奈良公園より

おはようございます!

若狹です。

奈良公園の鹿が、ビニール袋などの身体に悪い物を食べる事件が相次いでいます。

おそらく鹿は、身体に悪い物を食べている自覚はないでしょう。

これって、私たち人間にも大いに当てはまるのではないでしょうか?

お菓子や甘~い物など、つい大量の糖や食品添加物、グルテンなど身体に悪い物をたくさん摂取しているのではないでしょうか…

でも、これは長年の習慣です…

習慣をすぐに変えるのは難しいです…

でも、新しく始めることはできます。

それは「よく噛むこと」です!

なぜ、認知症にとって噛むことが重要か?

理由は沢山ありますが、、、

その中でも、今回はこれです!!!

↓↓↓

PS.

LINE@だけでお知らせする情報がやってきます。

https://line.me/R/ti/p/%40bbx0376d


特集記事