パーキンソン症状に効果的な動眼神経アプローチ

From:岡本一馬

認知症専門リハLAPRE千里山院より、、、

昨日に引き続き

パーキンソン症状に対するアプローチです。

パーキンソン症状が出ている方は、

眼球運動が乏しくなっている人が多いです。

眼球運動には動眼神経が関わっていますが、

動眼神経は中脳支配です。

パーキンソン病は中脳黒質の変性で

起こるとされているので、

眼球運動を実施することで、

中脳を活性化することが出来るので効果的かと思います。

しかし、普段やらないような運動の方が

より効果的なので、今回はもっと効果が出る方法を

お教えしますね!


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square