パーキンソン症状に効果的な動眼神経アプローチ

September 26, 2019

From:岡本一馬

認知症専門リハLAPRE千里山院より、、、

 

 

昨日に引き続き

パーキンソン症状に対するアプローチです。

 

 

パーキンソン症状が出ている方は、

眼球運動が乏しくなっている人が多いです。

 

 

眼球運動には動眼神経が関わっていますが、

動眼神経は中脳支配です。

 

 

パーキンソン病は中脳黒質の変性で

起こるとされているので、

眼球運動を実施することで、

中脳を活性化することが出来るので効果的かと思います。

 

 

しかし、普段やらないような運動の方が

より効果的なので、今回はもっと効果が出る方法を

お教えしますね!

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

March 11, 2020

March 10, 2020

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square