【閲覧注意】認知症の不都合な真実


From:岡本一馬

自宅デスクより、、、

あなたは

病院では決して教えてくれない

認知症の真実を知っていますか?

<認知症の不都合な真実1>

病院では認知症は「治せない」

認知症は症状の総称であり、

病気の名前ではありません。

だから、明確な原因がありません。

病院は明確な原因がある病気を治すことに

特化しています。

つまり原因がはっきりとしない認知症は

治療のしようがないのです。

<認知症の不都合な真実2>

脳が萎縮=認知症は「ウソ」

脳の萎縮があっても、

認知症の症状が全く出ない人も多数います。

逆に明らかな萎縮がなくても

症状が見られる人も多くいます。

だから脳の萎縮と症状は

イコールではないんです。

<認知症の不都合な真実3>

薬で進行を遅らせることはできない

フランスで認知症薬は医療保険の適用対象から

外されることになっています。

これは、副作用の割に効果が高くなく、

薬の有用性が不十分だと判断されたからです。

日本では当たり前に処方されている認知症薬が、

海外では効果がないと見られ、

薬を控える傾向にあります。

いかがでしょうか?

認知症に関して

こんな真実があるんです。

であれば

あなたに何ができるのか?

その方法を知りたい人は

最新認知症改善マニュアル

チェックしてみて下さい。

今すぐ無料で手に入れる


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square