認知症 褒めるポイント

人は褒められると前頭前野が活性化します。

実際、認知症治療で通われている患者さん。

その家族指導で重要なことが1つあります。

それは本人を褒めるということ。

本人を出来るだけ褒めるように指導します。

しかし、急に褒めるのは技術もいるので

難しいのですが簡単にできる方法があります。

それはジョハリの窓を利用するのです。

ジョハリの窓は4つの領域からなりっており、

1、自分も他人も知っている自己

2、自分は知らないが他人は知っている自己

3、自分は知っているが他人は知らない自己

4、自分も他人も知らない自己

この中で2と3を利用して本人に伝えてください。

意識的に褒めることで家族さんからも

脳へアプローチしてもらえるので本当に重要です。


特集記事